Welcome!

How do intracellular bacterial pathogens manipulate host cellular processes to establish infection? 

 病原菌が病気を引き起こすためには、細菌から宿主細胞へ「配達」される病原因子群と、そのための輸送システムが中心的な役割を果たします。
私達はヒトに肺炎を引き起こすレジオネラという病原菌をモデルとして、
病原因子であるエフェクタータンパク質の働きと、輸送システムであるIV型分泌メカニズムを分子・原子レベルで明らかにしようとしています。

Bacterial pathogens have co-evolved with their hosts and utilize sophisticated strategies to survive and replicate inside host cells and evade host immune systems. The centerpieces of the strategies are (1) bacterial “ effector proteins” that are delivered into the host cytosol and work to modify or disturb cellular functions, and (2) macromolecular assemblies found on the bacterial surface that are the machines responsible for effector transport. Employing techniques ranging from genetics, phylogenetics, biochemistry and cell biology to structural biology, such as X-ray crystallography and electron microscopy, we study underlying molecular mechanisms of bacterial infection using the intracellular pathogen Legionella pneumophila.

最新のお知らせ

  • 大学院生募集 大阪大学大学院医学系研究科修士課程・博士課程の学生を募集しています。詳しくはメンバー募集をご覧ください。
    投稿: 2012/06/05 3:02、Hiroki Nagai
  • ポスドク募集 当研究グループでは、レジオネラの病原性解明とアカントアメーバ・細菌間相互作用の研究に従事するポスドクを募集しています。詳細はメンバー募集をご覧ください。
    投稿: 2012/06/05 3:03、Hiroki Nagai
1 - 2 / 2 件の投稿を表示中 もっと見る »